アドセンスで報酬アップ!

アドセンスで稼ごうと思っている人へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表示される広告を予測しよう

アドセンス広告は、クローラーと呼ばれるWeb巡回用のプログラムで情報を収集して、その情報の解析結果から関連する広告が表示されます。

但し、解析のアルゴリズムは、企業秘密で公開されていません。




では、どうやって予測するか?

そのサイトに関連したキーワードを組み合わせる事により予測します。




例えば・・・


女性がダイエットのサイトを作ったとします。

ちょっと極端な例かも知れませんが・・・

そのサイトに男性モノの下着に関することや、スーツ、ネクタイの感想などが書かれていたら、サイトの内容としてはミスマッチですよね?

当然、アドセンス広告もマッチした広告は表示されずに、クリックもされません。



------------------------------------------------------------------
ダイエットと言っても、色々な方法があって

体を動かすことで、カロリーを消費して体重を減らそうと思う人もいれば

サプリメントを使って、なるべく簡単に痩せたいと思う人もいます。
------------------------------------------------------------------

このような文章に書いてある言葉のかけらを「キーワード」といいます。

 ・体を動かす
 ・カロリーを消費
 ・体重を減らす
 ・サプリメント
 ・痩せたい



このようなダイエットに関するキーワードをいくつも組み合わせることによって、そのサイトに表示される広告を予測します。


訪問者が惹かれるようなタイトルを付けて、記事を読む前や、読んだ後にアドセンスを踏ませる事ができれば、1クリックで50円~100円の報酬も可能です。




逆にクローラーを試すようか気持ちで、キーワードを考えるのも面白いかも知れないですね!

サイトに合った広告が表示されると、思わずニンマリしてしまいそうですw


▼:アドセンスの貼る位置を、さらに効果的にするには…。


http://www.wn-project.net/next/372-3.htm

読みやすいサイト作り

稼ぐサイト = 読みやすいサイト

稼ぐサイトを作るには、訪問者が読みやすいサイトにするということを、考える必要があります。

かっこよく言うと、ユーザビリティを考えるということです。




え?

かっこよくも何とも無い?

(@゜Д゜@;)あら・・・ これは失礼しました。




バッグ、カバンのサイトを作ったつもりが、洋服や時計の画像がいっぱい・・・

これでは、訪問者が読みやすいサイトとは言えないですよね?


近くにアドセンス広告が表示されていても、クリックされることは期待できません。




初めのうちは、デザインや画像に凝る必要は、ありません。


とは言っても、訪問者の立場からすると、緩急をつけた画像や色があれば、目を惹きますし、

自分のサイトに対する愛着も出てきます。




訪問者は、「サイトを3秒で判断する」といいます。


その3秒で訪問者の関心を惹くためにも

 ・どこに何があるのか、サッパリわからない

 ・カテゴリーが多すぎて、目的のページが見つからない


といったサイトにならないように、わかりやすいサイト作りを心がけながら

コンテンツを充実させていくとともに、少しずつデザインも整えていきましょう。




そうすれば、訪問者がサイトを見てくれる時間も長くなり、広告をクリックする

可能性も高まります。




文字の大きさを変えたり、ちょっと色を付けるだけでも、結構変りますよ!

とはいえ、あまり目にキツイ色使いは避けてくださいね。



▼:サイトができたら、後はアドセンスの最適化をすれば稼げます。


http://www.wn-project.net/next/372-3.htm



アドセンスのクリック単価

アドセンスのクリック単価は、同じ広告が出ていたとしても

アカウントごとに違います。


これは、スマートプライジングといって、訪問者がアドセンス広告に

飛んだ後の成約率が低いと、広告単価が自動的に低く設定されるという

システムがあるからです。




Googleのサイトで公式に説明してありますが、アドセンスのクリック単価は

複数の要因で決定され、クリック率は関係ありません。


ちょっとまとめてみると、


○アドセンスのクリック単価は、アカウントごとに評価される。

○スマートプライジングの評価は、週ごとに行われる。

○クッキーのトラッキング有効期間は30日。


ということです。




アドセンスで稼ぐためには、クリック単価やクリック率を気にするよりも、

コンテンツありきだということです。


自分で広告を出すことを考えれば、内容の無いサイトに広告を出そうとは

思わないはずです。




アドセンスで単価の高いサイトを作ろうと思ったら、あなたのサイトを訪問

してくれる人のことを頭に浮かべながら作りましょう。

作ったサイトを見て、広告を出しても良いかな?と思えたら、アドセンスの

収入も伸びていくでしょう。


▼:1つの日記サイトが、1日に5,000円以上稼げる理由は…


http://www.wn-project.net/next/372-3.htm

アドセンスの禁止事項について

アドセンスをするにあたって、規約は絶対に守らなければいけません。

規約を破ると、アカウント停止になり、それまでの報酬ももらえず、

アカウントの復活も、ほぼできなくなります。



やってしまいそうな規約違反として


・自己クリック

自分のサイト(ブログ)の広告をクリックしてはいけません。
これでアカウント停止になったケースが数多くあります。


・広告への誘導

アドセンス広告に対して、

「クリックをお願いします」
「これがおすすめ!」
「リンクはこちらから」
「ちゅうもくの商品は、こちら」

など、誘導を促すのは禁止されています。


・相互クリック

他の人と、お互いの広告をクリックし合うと、Googleにはすぐに
バレてしまいます。




これらの規約違反を犯して収益を上げようと考えてはいけません。

それよりも、適切な記事の投稿や、効果的な広告の貼り方により

質の高いサイトを作っていくことで、アドセンスの収益につなげて

いきましょう。


▼:今のアドセンス収益を、数倍にしたいなら


http://www.wn-project.net/next/372-3.htm

サイトキーワードと効果的な広告の表示

アドセンス広告を訪問者にクリックしてもらうには、

できるだけサイトに合った広告を表示させることです。



アドセンス広告は、タイトルキーワードや本文のテキストの量

などを自動的に算出しながら、その内容に応じた広告が表示されます。


なるべく効果的な広告を表示したいと思っても、必ずしもマッチングした

広告が表示されるとは限りません。


フィルタリング機能を使って、自分の意図しない広告が表示されないように

除外することもできますが、それでも納得いく広告が表示されない場合が

あります。




表示される広告の内容に大きく影響するのが、ページ内の用語、キーワード

になります。


例えば、音楽関係のサイトの場合、

・歌手名
・曲名
・着うた
・youtubeの感想

といった感じでカテゴリー分けをしてコンテンツを書いていくと

音楽関係の広告が表示されやすくなり、訪問者にも興味を持って

もらえるでしょう。




どうしてもサイトの内容にマッチしない広告が表示されてしまうときは

アドセンス広告の掲載をやめるか、新規サイトを作成するという選択も

考えましょう。


無意味な広告が表示されても、訪問者には興味を持ってもらえないので

サイトの見直しを行うことで、マッチした広告を表示させ、なおかつ

1クリック30円~50円の収入を得る事ができます。




1サイトあたりの収入を増やす事ができれば、複数サイトの運営で

収入が加速度的に増えていくでしょう。



▼:100円しか稼げなかったサイトが、3,000円に変化した…?


 >> http://www.wn-project.net/next/372-3.htm


前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。