アドセンスで報酬アップ!

アドセンスで稼ごうと思っている人へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドセンスの広告配置場所

アドセンス広告をクリックしてもらうには、アドセンス広告を貼る位置を意識する必要があります。



アドセンス広告を貼る場所としては、

 ・個別記事の上や下、記事内

 ・サイドバー

 ・タイトルの下

 ・トップバナーの下

などがあります。




アドセンス広告の形や大きさは、何種類か用意されていて、背景や文字色などは好きに変えられます。

貼り方は、貼る位置や向きによって、たくさんの方法があります。




数行のコンパクトな記事に続けてアドセンス広告を貼ったり、

サイトを開いたときに目に付くように大き目のバナー広告を貼って、記事を読み終えたときに違和感の無いように文字だけの広告を出したり、

ある程度、自分が知識を持っていて、しっかりした記事が書けるなら文末に、


様子見のサイトや、内容に自信の無いサイトの場合は、縦長のレクタングル大の4広告を表示する。




サイドバーに貼るのは、サイトの構造によっては効果が薄いことが良くあります。

「配置場所に100%はない」


貼る場所や大きさ、色を変えて、試行錯誤してみるのも大切です。



▼:今のサイトで、より収益あげたいなら…


 >> http://www.wn-project.net/next/372-3.htm


.

アドセンスの審査に通過するサイト作り

これまでアドセンスとは何か?ということを中心に書いてきましたが、今回は審査に通過するためのサイト作りについて書きます。



アドセンスの審査は非常に厳しく感じると思いますが、日記ブログを作って普通に更新していれば審査に通ります。

2~3記事しかないような状態では通りませんが・・・



と、言っても不安な人もいると思うので、注意点をざっとあげておきます。

 ・コンテンツの内容は適切か? (アダルト、ギャンブル系はNGです)

 ・リンク切れになっている箇所は無いか?

 ・広告をたくさん貼り過ぎていないか?

 ・不適切な言葉を使用は多くないか?



これらに気をつけていれば、ばず大丈夫だと思います。

念のため、広告を貼るのは審査に通ってからにした方が良いでしょう。

同系のアドセンス広告は絶対に貼らないで下さい。審査が通った後でもNGです。




手抜きサイトだと思われないように、しっかりとコンテンツを意識しながら書いてくださいね。

プロフィールや連絡先もあれば、なおOKです。


一度、審査を通れば他のサイトは審査なしでアドセンス広告を貼れるので、まずは審査を通過するために頑張りましょう!



確実に審査に通過するために、右上で紹介している無料レポートを読んでみることをオススメします。

サイトごとにチャネル管理

グーグルアドセンスには、チャネルと呼ばれる管理グループを作る機能があります。


チャネルを設定すると、

 ・そのチャネルのアドセンス広告の表示回数

 ・そのチャネルのアドセンス広告のクリック回数

 ・そのチャネルの収益

を見ることができます。




このチャネルを使って、サイトごとの分析をしてみましょう。

こうしたデータを1つ1つきちんと見ることで、緊張感が保てます。


時間のあるときは、細かい部分をノートにまとめるのも良いでしょう。

 ・どのサイトにアクセスがある(広告の表示回数が多い)のか

 ・アクセスに対する収益(クリック数)はどうか

 ・どんなジャンルが人気があるか




チャネルの設定方法は、簡単です。


グーグルアドセンスの管理画面から、

「AdSense 設定」→「チャネル」→「URL チャネル」

の順に選択します。


「+ 新しい URL チャネルを追加」

を押して、出てくる空白に1行ずつサイトのURLを登録します。


最後に、「チャネルを追加」を押して保存してください。



チャネルを設定すると、クリック単価も見当がつきます。

次に作成するサイトの目安、目標にも役立ちます。




▼:初心者がアドセンスで効率よく稼ぐなら…


 >> http://www.wn-project.net/next/372-3.htm


表示される広告を予測しよう

アドセンス広告は、クローラーと呼ばれるWeb巡回用のプログラムで情報を収集して、その情報の解析結果から関連する広告が表示されます。

但し、解析のアルゴリズムは、企業秘密で公開されていません。




では、どうやって予測するか?

そのサイトに関連したキーワードを組み合わせる事により予測します。




例えば・・・


女性がダイエットのサイトを作ったとします。

ちょっと極端な例かも知れませんが・・・

そのサイトに男性モノの下着に関することや、スーツ、ネクタイの感想などが書かれていたら、サイトの内容としてはミスマッチですよね?

当然、アドセンス広告もマッチした広告は表示されずに、クリックもされません。



------------------------------------------------------------------
ダイエットと言っても、色々な方法があって

体を動かすことで、カロリーを消費して体重を減らそうと思う人もいれば

サプリメントを使って、なるべく簡単に痩せたいと思う人もいます。
------------------------------------------------------------------

このような文章に書いてある言葉のかけらを「キーワード」といいます。

 ・体を動かす
 ・カロリーを消費
 ・体重を減らす
 ・サプリメント
 ・痩せたい



このようなダイエットに関するキーワードをいくつも組み合わせることによって、そのサイトに表示される広告を予測します。


訪問者が惹かれるようなタイトルを付けて、記事を読む前や、読んだ後にアドセンスを踏ませる事ができれば、1クリックで50円~100円の報酬も可能です。




逆にクローラーを試すようか気持ちで、キーワードを考えるのも面白いかも知れないですね!

サイトに合った広告が表示されると、思わずニンマリしてしまいそうですw


▼:アドセンスの貼る位置を、さらに効果的にするには…。


http://www.wn-project.net/next/372-3.htm

読みやすいサイト作り

稼ぐサイト = 読みやすいサイト

稼ぐサイトを作るには、訪問者が読みやすいサイトにするということを、考える必要があります。

かっこよく言うと、ユーザビリティを考えるということです。




え?

かっこよくも何とも無い?

(@゜Д゜@;)あら・・・ これは失礼しました。




バッグ、カバンのサイトを作ったつもりが、洋服や時計の画像がいっぱい・・・

これでは、訪問者が読みやすいサイトとは言えないですよね?


近くにアドセンス広告が表示されていても、クリックされることは期待できません。




初めのうちは、デザインや画像に凝る必要は、ありません。


とは言っても、訪問者の立場からすると、緩急をつけた画像や色があれば、目を惹きますし、

自分のサイトに対する愛着も出てきます。




訪問者は、「サイトを3秒で判断する」といいます。


その3秒で訪問者の関心を惹くためにも

 ・どこに何があるのか、サッパリわからない

 ・カテゴリーが多すぎて、目的のページが見つからない


といったサイトにならないように、わかりやすいサイト作りを心がけながら

コンテンツを充実させていくとともに、少しずつデザインも整えていきましょう。




そうすれば、訪問者がサイトを見てくれる時間も長くなり、広告をクリックする

可能性も高まります。




文字の大きさを変えたり、ちょっと色を付けるだけでも、結構変りますよ!

とはいえ、あまり目にキツイ色使いは避けてくださいね。



▼:サイトができたら、後はアドセンスの最適化をすれば稼げます。


http://www.wn-project.net/next/372-3.htm



前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。